ラジコン



子供のころ“ラジコン”ということで買ってもらった戦車で楽しく

遊んでいたところ、近所の小金持ちの子もクルマのラジコンを持っ


てきました。がっ!私の戦車と彼のクルマには、なにか大きな違い


が…。形?いいえ、「ボクの戦車はコントローラーと線でつながっ


ているのに、○○くんのクルマには線が無い…」それが最大の違い


でした。そう、私の戦車はコントローラーと延長コードでつながれ


た“ラジコンっぽいオモチャ”だったのです(ラジコンに比べれば


格安)。ま、当時は「格差社会」を感じることもなく、「ガーン」


「バーン」とぶつけて仲良く遊んだんですけどね




お年玉のお金を出し合ってラジコン(グラスホッパー)を買いまし


た。
ラジコンは高嶺の花でしたが、確か安いラジコンということで





ものすごく人気があった記憶があります。

私たちは大はしゃぎで奪い合うように遊びました。



しかし、家の前の狭い道路では次第に飽き足らなくなりました。




「広いところで走らせたいなあ」

というわけで、近所の海岸にグラスホッパーを持って行きました



広いところで走らせるのはものすごく爽快でした。




しかし、ちょっぴりコントローラーの性能を過信していた兄。





自分の遠くを走らせていたら、
コントローラーの電波が届かないエリアにラジコンが突入しました。
目の前には波打ち際、そして海。





「あ?あーー?あーーーーっっっ!!!」叫ぶ兄。

グラスホッパーは勇敢に全速力で海に突っ込みました。
兄のダッシュは届かず。
「ギュギュギュグググゲ・・・」という断末魔をあげ、



グラスホッパーは短い生涯を終えました。



フェアレディZ型のラジコン。




コントローラーにはボタンが一つ、このボタンを押すと左折するだけ。
角度は一定、微妙に左折したいときにはボタンをチョン押しする。
右に行きたいときは左折からぐるっと回り込んで右に行く。

スタート・ストップは本体についたon/offスイッチで行う。
つまり止めたいときには自分に向かってくるように走らせて捕ま



える必要あり




しかし、コントロールが難しく中々自分に帰ってこない(何せ左折オンリーだから)。

とは言っても外では走らせる場所が無く(空き地はたくさんあったが、整地されてないので、非力なラジコンではすぐ止まってしまった)もっぱら室内で遊んでいたので、壁にぶつかって止まらせればよかった。
ところが、これがまた壁に傷がつくと親からクレーム。周り中に座布団をおいて走らせることになった。

タミ○の本格オフロードマシン。友達に報告して大喜びで組み立てようとしたら。

コントローラー(プロポセット)別売り!
コントローラーが本体の倍近い値段!(昭和50年代当時)
このままでは走らせられない!

親に泣きつきましたが、おもちゃに贅沢な物を与えない方針なので却下!
(本体ですら自腹でもえらく反対された。)
途方にくれていると、別のグループで知り合った友人が親戚(好き物だったらしい)に貰った古いので良かったら、興味ないからやると。

紆余曲折をへて救いの神のおかげで、ついに一緒に走らせる事が出来ました。

しかし、何か違います。スピードもそうですが、なんかピョンピョン跳ねる。
友達のを見ると・・・
なんかモーターがでっかくて黒い。(私のはちっちゃくて銀色)
金属のパーツがいたる所についている。
聞けば最初からそうだったとか。
私のと同系のハズなのに。後で知ったのですが同系でもオプション満載の上位機種でした。


スーパーカーブームの頃に流行ったラジコン。

私のは前進、右折、左折のできるダイキャスト製カウンタック。友達のは例の前進、左折のみのプラスチック製コルベット。

当然のように2台で競争しよう!ということに。

曲がりくねったコースを造り、右左折のできる私のほうが有利な筈が、スタートしてみればなにせダイキャストは重くて遅い・・・。プラスチックコルベットは直進はやたら速い!!

コルベットがコーナーを曲がれないごとに友達はすぐに手で立て直し、ゴール。

何度やっても結果は同じ。安物コルベットに連敗のカウンタックはすぐに飽きられて物置へしまわれてしまいました。


ミニ四駆」から入りました。
当時小学生の自分にはラジコンは組み立てが難しそうだし、何より高価でした。
ですが、組み立て済みのものがタミヤから1万円ぐらいで発売され、
それを買ってもらった記憶があります。

若干世代が違うせいか周りでそんなに持ってる人はいなかったので、
自分VSラジコンで競争していました。

あと、ラジコンといえばテレビ番組の「タミヤRCカーグランプリ」ですね。


レースをしたいがために友達と不器用ながら
サーキットを作りました。レースしてたのはよかったんですが
コースから外れて水溜りに落ちてしまい、思いっきり壊れました。
あのときは一番の宝物でしたから、相当ショックでした・・・


エンジンのラジコン飛行機を飛ばしましたが、
200m程度離れたところでコントロールが出来なくなり海の方まで
跳んで行ってしまい、船で探しに行き半日が無駄になりました。
今思えば性能の悪い高い玩具でした。


パジェロのラジコンでした。
当時5000円ぐらいして意外と高かったんですけど、中身はあまり満足できる物ではありませんでした。
私は雪国に住んでいるので雪道をラジコンで走らせるのが楽しみでした。
クリスマスのプレゼントで親から買ってもらい、いざラジコンを雪道で走らせてみると・・・とても鈍い動き。
5000円もして買ったのにこの鈍い動きはなんじゃ!と思いました。
大した重たい雪でもないのにすぐ止まる。タイヤが雪の上を走りません。
結局半年ぐらいで飽きました。
ですがまたやりたくなったのか、夏になり日産R230のラジコンを1000円で購入しました。とても安いです。
近くの量販店で買ったもののパジェロよりは加速性能や動きは良くとても満足いくものでした。
ですがかなり車高が低いため多少の凸凹道でもすぐ止まる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。